うつ病で障害年金を受給する方法から超節約術で金儲け!年間200万円の得!?ほぼもらいもので暮らす主婦!他

本日のおすすめ『超節約術で金儲け!年間200万円の得!?ほぼもらいもので暮らす主婦!』等

第3の案 成功者の選択 老後をリッチにする家じまい 一戸建て、売り逃したら負動産

『7つの習慣』から16年、スティーブン・R・コヴィー博士の新刊です。この『第3の案成功者の選択』は『7つの習慣』における第6の習慣「相乗効果を発揮する」を、数多くの事例を用いながら、より広くより深く探求するという内容です。コヴィー博士は『7つの習慣』の中で、「今まで話してきたすべ… 「空き家」「重税」「相続争い」の元凶を処分して豊かなセカンドライフを手に入れる秘策!なぜ一戸建ては不利なのか?「マイホーム時代」は完全に終わった。低金利でも若い世代はマイホームを購入しない。各種アンケートでも「将来的にマイホームを購入したい」という人が大幅に減少している。こ…

注目の情報『うつ病で障害年金を受給する方法』(三嶋 道明)

うつ病で障害年金を受給する方法

うつ病等の精神疾患でも、障害等級2級受給
障害年金2級を受給出来るような申請書類(特に診断書)を準備するにもノウハウが必要です。
個人の方が、なかなか、障害年金2級を受給できないのは、このノウハウをご存じないからではと思います。
最近、うつ病等の障害年金の認定が厳しくなったと聞きますが……そうなのです。
以前なら2級と認定された方が3級と認定されるケースが増えています。
どういうケースかというと、初診日から1年6か月しか経過していない段階で、障害年金の申請をされる方に多いようです。
障害年金の審査で、病歴の長さも考慮にいれるようになったと感じています。
どうしてこうした事態が生じたのでしょうか?
2014年以降は、団塊の世代の多くが65歳以上となり、老齢年金の支給が急増したため、老齢年金、障害年金、遺族年金の合計給付額が急増しています。
このうち、老齢年金、遺族年金は書類が整っていれば、問題なく給付される年金です。
年金制度を維持するためには、支給する年金額の増大を出来るだけ抑えることが必要になっています。
そのため、障害年金の新規請求の審査が厳しくなってきたものと推察されます。
このマニュアルでは、こうした傾向を踏まえ、うつ病等の精神疾患でも、障害等級2級受給を実現出来るように工夫しております。

うつ病で障害年金を受給する方法の公式サイトへ

見せる収納 片づけない収納 楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノート

収納≠しまう、片づける。と、言いたい本です。暮らしていれば、日用品はふえていくし、今は使わな… 内容紹介インスタグラムでフォロワー続出!大人気の「づんの家計簿」がついに一冊になりました。…

おすすめはやはり『うつ病で障害年金を受給する方法』

うつ病で障害年金を受給する方法

障害年金でも身体に係るものに関しては、一定の検査数値の基準を満たせば、ほぼ自動的に障害認定されます。
うつ病等の精神疾患の場合は、こうした検査数値で障害等級が判断されるものではないため、審査が厳しくなってきているわけです。
さらに、最近うつ病等の精神疾患に罹る人が増加し、精神疾患での障害年金申請が増加していることも、審査が厳しくなった一因と考えられます。
従来なら障害等級2級と認定された人が障害等級3級と認定されたり、障害等級3級と認定された人が不支給と認定されるようになった話を同業の社会保険労務士仲間からよく聞くようになりました。
このマニュアルでは、こうした傾向を踏まえ、うつ病等の精神疾患でも、障害等級2級受給を実現出来るように工夫しております。
障害年金2級を受給するヒントが入手できます。

うつ病で障害年金を受給する方法の公式サイトへ

コメントは受け付けていません。