0.1秒で儲けるFXからFX 初心者 入門 講座 1 FXとは何か超初心者の方に分かりやすく解説他

本日のおすすめ『FX 初心者 入門 講座 1 FXとは何か超初心者の方に分かりやすく解説』等

出遅れNISAお助けガイド お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

テレビを見ていても「NISA」、街角のポスターでも「NISA」。目にする機会は増えたものの、正直内… 資産1億円なら誰にもできる!土井英司(エリエス・ブック・コンサルティング)が責任編集!マネーのプロが総力を結集した「これ1冊でOK」の決定版!●本書が教えることは?何もしなくても、あなたの元にお金を運んでくれるもの。それが「資産」です。本書は、「資産」の作り方を、マネーのプ…

注目の情報『0.1秒で儲けるFX』(横内 裕)

0.1秒で儲けるFX

FX初心者から上級者までご利用いただける自動売買ツールです。
雇用統計や政策金利のような重要経済指標の発表結果で取引を行うのは本来シンプルかつ有用性の高いトレード戦略のはずです。
では、なぜ多くの人が経済指標トレードで失敗するのでしょうか?
理由は単純で経済指標発表後の反応が遅すぎるためです。
【機関投資家の注文方法】。
ロイターやブルームバーグなどの専用端末を使用、表示された発表数値をコンピューターが認識して自動発注。
【個人投資家の注文方法】。
上記端末から数秒遅れで配信される情報サイトの発表数値を見て、強気・弱気のどちらであるのかを判断してから手動で発注。
個人投資家がようやくポジションを持つ頃には投機筋が利益確定の反対売買を行うため、市場価格は一時的に想定される方向とは逆に動き、為替差損(キャピタルロス)を被ることになります。
号砲が鳴った瞬間にフライング気味で自動発注する投機筋と、号砲が鳴り響いたのを確認してから手動で発注する個人投資家とでは、一見同じような戦略でも情報の速さや売買技術で取引結果は大きく異なるのです。

0.1秒で儲けるFXの公式サイトへ

巨大企業は税金から逃げ切れるか?~パナマ文書以後の国際租税回避~ 図解入門ビジネス 最新為替の基本とカラクリがよーくわかる本

世界を震撼させたパナマ文書漏洩事件。「税金天国」を提供していたタックス・ヘイブンは、告発サイトによってその秘密が暴かれた。ウィキリークスのアサンジが語ったように「ネット社会にその居場所はなくなった」のだ。だが、暗号技術と仮想通貨の進化は、「新たなタックス・ヘイブンの出現」を… ニュースや新聞などで連日のように目にする「為替」の基礎知識を図解でわかりやすく解説した入門書です。2008年に起きたリーマンショックをきっかけにアメリカの経済情勢が悪化し、世界的な景気低迷がはじまりました。米FRBをはじめとした先進各国の中央銀行は、景気対策として大規模な緩和政策…

おすすめはやはり『0.1秒で儲けるFX』

0.1秒で儲けるFX

商品のメリットとデメリット
・初心者にもわかりやすいシンプルかつ直感的な操作。
・通常数百万~数千万円は掛かる自動売買ツールを格安で導入可能。
・1ヶ月に1度、数秒間の取引だけでも収益を期待できる。
・「数量計算シート」で売買シミュレーションが可能。
・流動性が低下する局面での取引では期待通りの成果にならない可能性がある。
・3種類以上の経済指標結果を判断した上での取引ができない。
・売買ツールを使った取引や経済指標発表時の取引を禁止しているブローカー(FX会社)では取引できない。
・経済指標発表の結果に対して価格があまり動かない場合、スプレッドや手数料分だけ損失になる可能性がある。
もっと詳しくは・・・

0.1秒で儲けるFXの公式サイトへ

関連記事

コメントは受け付けていません。