Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】から【FX初心者必見】ちょいワル先生の今週の一発予想!(2018/4/16放送)他

本日のおすすめ『【FX初心者必見】ちょいワル先生の今週の一発予想!(2018/4/16放送)』等

外資系投資銀行の資料作成ルール66 日経業界地図 2018年版

空前のエクセルブームの火付け役となった著者の待望の第2弾!外資系投資銀行で培った「見やすくて伝わる」エクセルとパワーポイントの資料作成ルールを、贅沢にも一冊に集約。見やすい表、数字をうまく魅せるグラフ、そして説得できるプレゼン資料の作り方まで、盛りだくさん。外資系ならではの… さまざまな業界ごとに、企業の提携・勢力関係、今後の見通し、注目のキーワード等をビジュアルに…

注目の情報『Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】』(トレーディングオフィス 富崎省吾)

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】

EUR/JPY(ユーロ円)を対象通貨とした追撃ポジショニングシステム
実際にプロのディーラーが用いる売買技術となり、トレンドが持続した場合、利益の最大化を図ることができます。
またトレンドが持続しない場合はポジションを積み増すことはありませんので、損失を最小限に抑えるという利点もあります。
追撃ポジションはポジショニング方法自体で「損小利大」を実現できるという優位性を持っており、当オフィスでも以前より注目していたトレード手法となります。
追撃ポジションのデメリットとして先に解説しましたように、トレンドが持続しない場合やマーケットがレンジを形成してしまった場合に損失を出してしまうことが挙げられます。
ヘッジングとはいわゆる両建てのことになりますが、買いポジションと売りポジションを同数量保有しますと、当然のことながら、その後マーケットが上下どちらに動いても損益は変わらず固定されたままとなります。
損益を固定させることから、実際にはポジションを切っていないにも関わらず、決済を行った場合と同じ状況を作り出すことができます。
つまりはヘッジングという売買技術をうまく利用すれば、無駄なロスカットを軽減させることが可能となるわけです。
本EAでは上記のような場合に「ヘッジング」により損益を固定させ、次のトレンド発生に備えることで無駄なロスカットを軽減させ、追撃ポジションのデメリット分を補います。
そして、ひとたびトレンドを捉えれば追撃ポジションにより集中的に利益を獲得します。

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】の公式サイトへ

100万円を7年で1億円にする株式投資 一生お金に困らない暮らし方

【勝ち続ける!エントリー&エグジットの見極め方】上昇し続けることはあり得ない。上昇すれば、下落するのが相場の常。株式投資で勝ち続けるには、「安く買って高く売る」「高く売って安く買い戻す」の2つが鉄則。98%の負け組が後になって気づく「買いサイン」「売りサイン」のタイミングを… 「一生お金に困らずに暮らす」ことは、すべての人の願いです。しかし、長寿化が進むいっぽうで、年金支給額の減額、医療費や介護費の負担増、消費税アップなどを考えると、堅実な生活を設計しなければ、人生の後半戦が、経済的に厳しくなることは目に見えています。「老後破産」や「下流老人」に…

おすすめはやはり『Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】』

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】

EAを選定する重要なポイントとして・運用失敗時に資金の大半を失ってしまうような過度のリスクを取らないロジック構成であることが挙げられます。
高リスクなロジックの代表格として・ナンピンを過度に繰り返すロジック・マーチンゲールを用いたロジックが挙げられるわけですが、本EAのロジックにはを採用していますので過度のリスクを取ることなく比較的安全な運用が可能です。
特にマーチンゲール型のシステムはリスク管理が難しく、1セットのトレードで全ての資金を失ってしまう場合もありますので注意が必要です。

Splash System(スプラッシュシステム)【フリー口座版】の公式サイトへ

関連記事

コメントは受け付けていません。